重症筋無力症とイオンクレンズ

http://womenwithmg.org/mg-study-results/

2017年に行われた女性の重症筋無力症(MG)患者をサポートする団体Women With Myasthenia Gravis (WomenWithMG.org)がイオンクレンズbyAMDの重症筋無力症患者への効果を調べた研究の結果です。背景としては重症筋無力症の方がイオンクレンズbyAMDを使い症状が劇的に緩和したという体験談が広がり、患者を詐欺や危険な製品から守るため、重症筋無力症支援団体であるWWMGが調査を行いました。

*IonCleanse byAMDは特定の病気の治療、診断のために作られた医療機器ではありません。このコラムでは重症筋無力症患者支援団体が独自で行ったIonCleansebyAMDの調査結果と、彼らの意見を紹介しています。

調査方法は7名のイオンクレンズbyAMDを治療に取り入れたグループと17名のイオンクレンズbyAMDを治療に取り入れなかったグループの三か月間の、重症筋無力症の症状、痛み、思考・記憶力、入院回数を比べました。主に女性患者をサポートすることを主とした団体ですが、このテストへは男女ともにまた年齢も子供から大人まで含まれています。

1.症状全般の軽減

上の図は重症筋無力症の症状を測るMyasthenia Symptom Evaluation Checklist (MSEC)の3カ月間の結果を示しており、グラフ上の数値が低ければ低いほど症状は軽くなっていることを意味します。青い線がイオンクレンズを治療に取り入れたグループの結果で黄色が取り入れなかったグループです。3カ月で38%の症状の緩和が見て取れます。

2.痛みの緩和

上の図は3カ月間の痛みの変化です。同じく青い線がイオンクレンズを治療にとりいれたグループの結果で最初の一カ月痛みは悪化していますが、その後急激に痛みが緩和されているのがわかります。

3.思考力・記憶力の向上

上の図は3カ月間の思考・記憶力の問題の変化です。スコアが低ければ低いほど思考力・記憶力に問題を感じることが少なかったことを意味します。青い線がイオンクレンズを治療にとりいれたグループの結果で、思考・記憶力の問題が3カ月で減ったことを意味します。

4.入院の回数の減少

上のバーグラフは重症筋無力症にかかわる理由で3カ月間に入院を必要とした回数をしめしています。イオンクレンズbyAMDを治療に取り入れなかったグループは合計10回入院を必要としたのに比べ、イオンクレンズbyAMDを使用したグループから入院を必要とした回数は0でした。

結果:

重症筋無力症患者をサポートする団体Women With Myasthenia Gravis(WomenWithMG.org)はなぜ効果が出たのかを説明するために、また一般医療で利用が認められるためにはより細かい調査が必要だと前置きしたうえで、イオンクレンズbyAMDを重症筋無力症の患者の方が使用する事は安全で症状の緩和につながる可能性があると結論づけています。

イオンクレンズbyAMDは健康器具であり医療器具ではございません。なので医療の世界で効果を認めてもらうためにイオンクレンズbyAMDが努力することはなく、当然各団体への金銭のサポートも行っておりません。これらは第三者による調査は、単純に利用した患者の方々の体験と声が自閉症の団体同様、関連の支援団体を動かしています。

重症筋無力症の患者の方でイオンクレンズbyAMDを使用した人たちの体験や利用方法をシェアするFacebookグループはこちら

https://www.facebook.com/groups/IonCleansebyAMDforMG/

デトックスやイオンクレンズbyAMDによって得られるリラックス効果があなたの暮らしを助けるか知りたいですか?60日間試してみてください!アンチの方々の声も、疑いたい方々の声も当然わかりますし、何を隠そう私自身もイオンクレンズbyAMDは信じませんでした。それは現在治療に活用している医師の方々皆が口をそろえて言います。

まず試してみたいと思う方は、お近くの店舗もしくは各地域個人の方々へお問い合わせください。現在大阪、神戸、岐阜、福岡まで使用できる店舗は日々広がっております。

https://ioncleanse.jp/ion-cleanse-by-amd/facilities/

健康をあきらめず、挑戦し続ける皆様をサポート致します。

Fight for Win, Fight for Wellness

タンジ